髪の毛のニオイをとるにはまずシャンプーから

30代を過ぎて徐々におじさん化してくると、気になるのが体臭です。

いわゆる加齢臭というやつですが、その中でも気になるのは髪の毛のニオイ。

毎日シャンプーで洗っているはずなのに、夕方ころになると不快なニオイが髪の毛からしてくる。

髪の毛だから自分だと気づきにくいですが、周りの人は気づいていて、知らず知らずのうちに不快な思いをさせてることがあります。

あなたの髪の毛のニオイは大丈夫ですか?

髪の毛のニオイは頭皮の皮脂の問題

髪の毛のニオイの原因は、頭皮に分泌される皮脂です。

頭皮の皮脂は年齢とともに分泌量が増えていって過剰に分泌されるようになります。

頭皮だけではなく顔も同じです。

年と重ねてくると顔がテカリやすくなってきませんか?周りで顔がテッカテカのおじさんがいますよね?

で、悪いのは皮脂ではなく、皮脂に繁殖するバクテリアです。

皮脂がバクテリアの栄養分となってバクテリアがどんどん繁殖します。

バクテリアの数が増えてくると次第にニオイ成分「ノネナール」を発するようになり、バクテリアから発生するノネナールが髪の毛の不快の原因です。

頭皮の皮脂は年々増えるものであり、皮脂の分泌を少なくすることはできません。

つまり、髪の毛のニオイをとるためには、小まめに皮脂を流してバクテリアが繁殖しないようにする必要があります。

市販のシャンプーで洗いすぎると逆効果

小まめに皮脂を洗い流すといっても、市販のシャンプーでは逆効果です。

ドラッグスストアなどで購入できる市販のシャンプーは、安価で洗浄力を出すためにかなり刺激の強い成分を使用しています。

そのため、頭皮に刺激を与えてしまい、頭皮に必要な本来の皮脂も洗い流してしまいます。

頭皮の皮脂は悪いものではありません。

本来は頭皮や毛穴を塵やホコリといった外部の刺激から守るためのものであり、頭皮には必要なものです。

問題は皮脂が過剰に分泌されることにあるので、皮脂を適度に残しながら汚れをしっかり落とすシャンプーが必要になります。

育毛シャンプーをしようしましょう!

適度な皮脂を残しつつ、余分な古い皮脂と汚れを落とすためには育毛シャンプーが必要です。

育毛シャンプーといっても、それだけで髪の毛が生えるわけではありません。

育毛シャンプーの役目は頭皮ケアと頭皮の皮脂を適度に保つこと。

日々の生活で傷ついた頭皮を育毛シャンプーに含まれている頭皮ケア成分でケアします。頭皮は傷つくと刺激から守ろうとしてどんどん皮脂を分泌するからです。

また、頭皮に分泌された新しい皮脂を残しながら、古い皮脂や汚れをしっかり洗い流す効果に優れています。

頭皮のニオイをとるなら育毛シャンプーが不可欠です。

育毛シャンプーにもいろいろな商品があります。

[参考]薄毛予防!髪が濃くなるおすすめ育毛シャンプーランキング(外部リンク)

上記サイトのような育毛シャンプーを評価しているサイトを参考にして、自分に合った育毛シャンプーを選んでみましょう。

育毛シャンプーで正しく髪の毛を洗えば、髪の毛のニオイはとれるはずですよ!