月別アーカイブ: 2015年5月

シャンプーを変えて髪の毛のニオイを改善させる

髪の毛から嫌なニオイがする原因はわかりました。

髪の毛や頭皮に溜まった皮脂にバクテリアが繁殖して、ニオイ成分「ノネナール」を発生させることで嫌なニオイが発生します。

ということは、過剰な皮脂の分泌を抑えることができれば、ニオイも発生しなくなるというわけです。

皮脂の過剰分泌を抑えるためにまずはシャンプーを変えてみることにしました。

市販のシャンプーは刺激が強すぎる

頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因はシャンプーにもあります。

洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。

頭皮の皮脂は、汚れや詰まりの原因になりますが、本来は頭皮に潤いを与えて外部の刺激から頭皮を守るためのものです。

シャンプーで皮脂を洗い流しすぎてしまうと、体が頭皮を守ろうとして必要以上に皮脂を分泌してしまいます。これが髪の毛が臭くなる原因です。

つまり、頭皮の皮脂を適度に残すシャンプーを使えば、皮脂が過剰に分泌されることなくニオイが発生することもありません。

育毛シャンプーならほどよい洗浄力がある

育毛シャンプーは市販のシャンプーのように刺激が強くありません。

ほどよい洗浄力で、古くなった皮脂や汚れはしっかり落としながら、新しい皮脂を残す適度な洗浄力があります。

育毛シャンプーというと、ハゲ・薄毛対策として大それたもののようですが、実は頭皮を改善するためだけのものです。

頭皮の状態を良くするためなら、薄毛だろうが正常な髪の毛だろうが関係ありません。

育毛シャンプーで正しく洗髪すれば、皮脂を必要以上に洗い流すことはありません。

低刺激で保湿力があるシャンプーを使うと、外部のホコリや刺激で荒れた頭皮や傷ついた毛穴が修復されていきます。

頭皮が改善されれば皮脂の分泌も正常にもどるのでニオイも治まっていきます。

育毛シャンプーを選ぶときに重要なのは刺激がないか、ノンシリコン系か、保湿力があるかなど選ぶポイントがありますが、市販されている育毛シャンプーならどれでも頭皮環境には良さそうです。

ニオイをとるために市販のシャンプーで一生懸命洗浄しても逆効果。

ここはほどよい洗浄力のある育毛シャンプーを使ってニオイを撃退してみようと思います。

最近、髪の毛がなんか臭うんです!

最近、なんとなく髪の毛が臭うんです。

といっても自分でニオイを嗅ぐことはできないのですが、妻にニオイを嗅いでもらったら、何とも不快なニオイがするということでした。

毎日髪の毛は洗っているし、なんで髪の毛が臭うんだろうといろいろ調べていたら、どうもとんでもないことが判明してきました。

髪の毛のニオイが薄毛や禿げにつながるというんです!

これはビックリ!単に加齢に伴う加齢臭かと思ったら、禿げるかもしれないなんて。。。

髪の毛のニオイは禿げの原因

そういえば最近、夕方くらいになると、やけに髪の毛がペタペタするなーとは思っていたんです。

前は、乾燥しすぎるほどパサパサした髪質だったのですが、今はどちらかというとオイリーな髪質。特に夕方すぎる頃になるとペターっとしてきて、それは何となく気になっていました。

だからこそ妻にニオイを嗅いでもらったのですが、臭いニオイがしていたなんて・・・

ニオイの原因は悪臭成分ノネナール。

空気中のバクテリアが繁殖して悪臭成分ノネナールを発生するそうなのですが、その繁殖の原因となるのが、頭皮の皮脂の過剰分泌。皮脂を栄養分としてバクテリアが繁殖するのですが、皮脂が過剰分泌してバクテリアの量が通常よりも増加します。だからニオイが強くなるんです。

そしてその過剰に分泌された皮脂は、毛穴を詰まらせてしまいます。

毛穴が詰まると髪の毛の成長を阻害してしまいます。

毛穴の奥から生えてきた髪の毛が、皮脂によって成長場所を奪われてしまうので、生えてきた細い産毛のまま成長しないで抜けてしまいます。これが薄毛や禿げの原因です。

だから、髪の毛のニオイは薄毛や禿げの前兆でもあります。

髪の毛のニオイを改善するには皮脂予防

髪の毛のにおいを改善するには、皮脂の量を正常に戻すこと。

過剰に分泌される皮脂の量を抑えて、正常な頭皮状態にしないと髪の毛のニオイもなくならないし、そのままだと薄毛や禿げになってしまいます。

髪の毛の臭さは嫌だけど、薄毛や禿げはもっと嫌です。

ここは一つ気合いをいれて、髪の毛ケア、頭皮ケアをしてみようと思います。

今おそろかにして、後々の薄毛を早めたり禿げになったら恥ずかしいですからね。