体のニオイもいろいろあります

体のニオイにもいろいろあります。

髪の毛がニオイの他にも口、脇、足などいろいろな部分がニオイを発します。

体のニオイは単に不潔にしているから臭くなるわけではありません。

病気などが原因で体が臭くなることもあるので注意が必要です。

口が臭くなる口臭

口が臭くなる口臭の原因は、主には胃の疾患が原因です。

もちろん口の中を不潔にすることでも臭くなりますが、歯をちゃんと磨いていても臭くなるのは胃が荒れている場合がほとんどです。

体調が悪くなったり暴飲暴食が続いて胃の調子がおかしいとき、なんとなく口から出てくるニオイが臭い気がしませんか?

自分で気がつく場合ならいいのですが、胃の疾患からくる口臭は自分では気づきにくいのも特徴です。

特に逆流性食道炎など、胃液が上がってくる疾患の場合は、胃液のニオイと胃が荒れているニオイが混ざって、なんとも言えない臭さを放ちます。

口が臭い場合は胃の疾患を疑って、胃の不調を治すことが対処法になります。

脇が臭くなる場合

脇が臭くなる場合は、主に汗が原因です。

しかも臭くなる汗のかき方というのは、運動したり暑くてかく汗ではありません。

緊張するときに流す冷や汗。これが嫌なニオイを発します。

人間など汗をかく動物は体のニオイで異常や警戒を発します。

冷や汗をかくときは自分の体がピンチで緊張しているということ。

体の異常を発するために、不快なニオイも汗と一緒に発します。

だから緊張したときになどにかく脇汗は結構臭うことが多いです。

足が臭くなる場合

足が臭くなる場合は、単純に足の蒸れや足を不潔にしていることが原因です。

足はつねに汗をかく部分です。

歩けば汗をかくし、靴下を履いているだけでも汗をかいて蒸れる場合があります。

特に汗っかきの人は、足の中の汗の量も多くなります。

汗と湿気はバクテリアの大好物。

汗で湿気たっぷりになった足は、ニオイの元となるバクテリアが大量発生します。

そのため、蒸れやすい靴下の中の足は臭くなりやすくなるのです。

どの臭さも自分で気をつければ、ニオイを最小限に抑えることができます。

自分は臭くないよ!と自信満々な人ほど臭い場合があります。

自分のニオイは自分ではなかなか気づきません。

自分はひょっとしたら臭いんじゃないか?と疑うくらいがちょうどいいので、ニオイの原因がわかったら早めに自分でも対策をしましょう。