髪の毛の不快なニオイはストレスが原因の場合もある

髪の毛のニオイの原因というと、

・不潔
・頭皮の脂(皮脂)の過剰分泌

などが挙げられます。

身体的な原因もありますが、ストレスやプレッシャーといった精神的なことが原因で髪の毛が臭くなる場合もあります。

なぜ、ストレスやプレッシャーといったことで、髪の毛が臭くなるのでしょうか?

プレッシャーを感じた時の汗は臭い

ストレスやプレッシャーを感じたときに、汗がでることがあります。

大勢が集まる打合せなどで、発言者が汗をかきながら説明している場面を見かけませんか?

鋭い質問で突っ込みを受けたり、窮地になったときに、冷や汗をかくことがあると思います。

実は、この冷や汗が髪の毛のニオイの原因になるんです。

人間だけではなく、動物は、プレッシャーやピンチになったとき、体から不快なニオイを発します。これはピンチから身を守るための防衛本能です。

これは精神的にストレスやプレッシャーを感じた時も同じです。

ピンチから身を守るために、流す汗のニオイも濃くなります。

ツンと鼻につく汗独特のニオイですね。

この汗が頭から流れると、まず髪の毛に付着します。

髪の毛に付着した汗は、そのままニオイとなって残るので、髪の毛がものすごく臭くなるようになってしまいます。

ストレスからくる汗のニオイはどうすることもできない

ストレスやプレッシャーといった、精神的なことが原因となる汗のニオイは抑えることができません。

汗が髪の毛に残らないように小まめに髪の毛を洗うしかありません。

あとは香料のある整髪料を使うことです。

整髪料が髪の毛のニオイの原因となる、みたいな話もありますがそんなことはありません。

それは整髪料をつけたまま寝たり、髪の毛を洗わないでいることで不潔になるからニオイが発生するだけです。

髪の毛を清潔にして、適切な量の整髪料を使えば、汗による髪の毛のニオイも抑えることができます。

もし、自分がプレッシャーを感じやすい、ストレスがかかると汗が流れ出てくるというようなときは、ぜひ整髪料を使うようにしてください。

髪の毛から発するニオイは、自分では気づきにくいですが、周りの人はすぐに気づきます。それが体臭というものです。

自分のニオイがわからなくても、汗をかきやすい体質だな、と思ったら、毎日小まめにシャンプーをしたり、整髪料を使ってニオイを防ぐ対策をしましょう。