シャンプーを変えて髪の毛のニオイを改善させる

髪の毛から嫌なニオイがする原因はわかりました。

髪の毛や頭皮に溜まった皮脂にバクテリアが繁殖して、ニオイ成分「ノネナール」を発生させることで嫌なニオイが発生します。

ということは、過剰な皮脂の分泌を抑えることができれば、ニオイも発生しなくなるというわけです。

皮脂の過剰分泌を抑えるためにまずはシャンプーを変えてみることにしました。

市販のシャンプーは刺激が強すぎる

頭皮の皮脂が過剰に分泌される原因はシャンプーにもあります。

洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。

頭皮の皮脂は、汚れや詰まりの原因になりますが、本来は頭皮に潤いを与えて外部の刺激から頭皮を守るためのものです。

シャンプーで皮脂を洗い流しすぎてしまうと、体が頭皮を守ろうとして必要以上に皮脂を分泌してしまいます。これが髪の毛が臭くなる原因です。

つまり、頭皮の皮脂を適度に残すシャンプーを使えば、皮脂が過剰に分泌されることなくニオイが発生することもありません。

育毛シャンプーならほどよい洗浄力がある

育毛シャンプーは市販のシャンプーのように刺激が強くありません。

ほどよい洗浄力で、古くなった皮脂や汚れはしっかり落としながら、新しい皮脂を残す適度な洗浄力があります。

育毛シャンプーというと、ハゲ・薄毛対策として大それたもののようですが、実は頭皮を改善するためだけのものです。

頭皮の状態を良くするためなら、薄毛だろうが正常な髪の毛だろうが関係ありません。

育毛シャンプーで正しく洗髪すれば、皮脂を必要以上に洗い流すことはありません。

低刺激で保湿力があるシャンプーを使うと、外部のホコリや刺激で荒れた頭皮や傷ついた毛穴が修復されていきます。

頭皮が改善されれば皮脂の分泌も正常にもどるのでニオイも治まっていきます。

育毛シャンプーを選ぶときに重要なのは刺激がないか、ノンシリコン系か、保湿力があるかなど選ぶポイントがありますが、市販されている育毛シャンプーならどれでも頭皮環境には良さそうです。

ニオイをとるために市販のシャンプーで一生懸命洗浄しても逆効果。

ここはほどよい洗浄力のある育毛シャンプーを使ってニオイを撃退してみようと思います。